キャッシングの申込み

こんにちは、新潟の男です。

年の瀬はお金がかかることが多くて、手元のキャッシュがほとんどなくなってしまいました。

というわけで、仕方がないのでいよいよキャッシングします。

業者はモビットかプロミスにする予定です。「新潟でキャッシングなら私にまかせてください!」というサイトでもモビットとプロミスの評価が高かったですしね。審査や借入までの時間のスピーディさと、WEB完結ができる点が良いなと思いました。

実際の手続きはこんな感じですね。

<モビットのWEB完結>
(1)WEB上で「WEB完結申込」を行う
(2)審査
(3)審査結果通知
(4)審査完了メール内URLより入会手続き
(5)完了

<プロミスのWEB完結>
(1)WEB上で「フル入力でお申込み」を行う
(2)審査
(3)審査完了通知
(4)「カード不要」を選択し、口フリ(口座振替)での契約をする
(5)完了

必要書類は、基本的に下記のようなものが必要です。
※業者によって多少異なります。

・本人確認書類(免許証やパスポート)
・収入を証明する書類(源泉徴収票、確定申告書など)
・勤務先証明書類(社会保険証か組合保険証と給与明細書)

WEB完結で申込む場合は、使おうとしている金融機関で本人確認ができている必要がありますので、そこは注意をしておいた方が良いですね。

また、WEB完結は三井住友銀行などの特定の主要金融機関の口座でしか利用できなかったりするので、マイナーな口座を使おうとしている人は確認しておきましょう。

しかし、とうとう借りるのか~
しっかり返済しないとなあ。

周囲にバレたくないなら

こんにちは、新潟の男です。

キャッシングするとなると、気になるのは「周囲にバレるか」ですね。

お金を借りるのはいいんですが、周囲にバレて「お金のない人」って思われるのは嫌です。40代にはそれなりのプライドみたいなもんがあるのです。難儀ですよね。

キャッシングをした時、周囲にバレるリスクとしては主に二つあります。「電話での在籍確認」と「郵送物」です。

電話での在籍確認は、勤務先に電話がかかってくるので、かなり心配になりますよね。ただ、プロミスやアイフル、アコムなど調べてみましたが、いずれも自宅や勤務先に連絡をする際は担当者の個人名にて連絡し、業者名を出すことはないとのことでしたので、基本的には安心して大丈夫そうです。不安な場合は、事前にHPで電話確認について調べるか、一度コールセンターに聞いてみても良いでしょう。

郵送物は、家族と暮らしている場合などにバレてしまうかもと不安になりますね。契約方法次第では、入会申込書などの契約に関する書類が送られることがあります。また、利用明細が送られてくるケースもありますので、都合が悪い場合には、利用明細が送付されない方法で利用と返済を行う必要があるでしょう。送付される書類は〇〇センターのような名前で、一見してキャッシング関連の書類とは分からないようになっていることが多いようですが、開封されれば分かってしまいますので、こちらも不安なら確認をしておくと良いと思います。

契約方法および利用方法次第では、電話確認や郵送物の送付のリスクを減らすことができたりします。例えばモビットのWEB完結などのサービスは、どちらも避けて借り入れを行うことができるので、周囲バレが心配な人は検討してみると良いでしょう。

ただ、どんな場合でも返済が滞れば督促の連絡が来てしまいますので、一番気を付けるべきは返済であることは間違いないですけどね。

40代と女なしはもう周りにバレているので、せめて金なしはバレたくないんだよなあ~

キャッシングはすぐできる?

キャッシングしようと思っている新潟の男です。

越後のお酒ミュージアム ぽんしゅ館に行きたいな~

これまでキャッシングの話を続けてきていますが、まだキャッシングはしていないです。というのも、キャッシングって「本審査完了まで最短30分」とか、「最短1時間で融資」とか、いざとなったらすぐできそうなんですよね。

例えばモビットなら、急ぎの場合はネットから申込んだ後にフリーコールへ連絡すると良いとのこと。フリーコールの受付時間は9:00~21:00で、連絡をするとすぐに審査を開始し、審査結果も電話でもらえるそうです。ここの審査が最短30分ということですね。

金融機関の口座に振込(当日振込希望の場合は14:50までの振込手続き完了が必要)か、モビットカードでの出金(ローン申込機・ローン契約機でカード発行)ができるみたいです。

プロミスの場合も審査は最短30分で終わらせてもらえるようです。Web完結の手続きだと即日融資が可能で、申込み後に審査が行われ、「口座振替」「ATM」から返済方法の選択ができます。口座振替の返済を選び、カード郵送希望をなしとすると郵送物のないWeb完結となります。

ちなみにプロミスには瞬フリ(振込キャッシング)というサービスもあり、パソコンやスマートフォン等から24時間365日キャッシングができます。こちらは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座がある場合だけとなりますが、最短10秒でキャッシングができるのはすごいですね。会員サービスのログインが必要なので、事前にプロミスの会員になっている必要がある点だけ注意が必要です。

もちろん審査のための必要書類の準備はしておかなければいけないのと、万一審査に通らなかったらそもそもキャッシングできないのですが、条件がそろえばその日のうちに借入ができるのは便利ですよね。

便利だからって借り過ぎではいけないんですが、どうしても必要になったら利用しようと思います。

キャッシングするなら利息の計算方法は知っておくべきです。

こんにちは、新潟の男です。

キャッシングするのはいいですが、しっかりと仕組みを理解してから借り入れしないとあとで大変なことになります。

前にも言いましたが、キャッシングには金利がかかります。ただ、金利が18%だと簡単に考えると痛い目を見てしまいます。

実は結構複雑な構造なので、キャッシング初心者は最初戸惑うと思います。

ちなみにキャッシングの上限金利は20%と法律で決まってるので、それ以上の金利を提示するところは闇金です。気をつけましょう。

大体、金融業者の公式サイトにいくと金利の計算シミュレーターみたいなのが、あるのでそれで知るのも良いのですが、自分で計算できるようにしておいたほうが良いと思います。

利息の計算方法を知らないと、計算せずに歯止めなく借りすぎてしまうことになりますが、知っていれば借りる前に一度冷静に考えていくらの利息がのしかかってくるか知ることができますよね。

まず自分が借りる業者が年利いくらなのか知る必要がありますね。良く見る4.5%~18%とかが要するに年利というやつです。ただし、幅がありますよね。これはいくら借りるかとかその人の信用度とかで人それぞれ変わってきます。間違っても4.5%で自分が借りれると思わないようにしましょうね。大抵の場合18%のほうに近い数字なので。

ただこの年利ってよくわからないですよね。年間でかかる金利なのでパッといくらぐらいになるのか頭の中でわかりません。だからここから月利(月にかかる金利)を計算してあげるわけです。

はい、それで月利の計算式なのですが、以下のようになります。

借りた金額×年利%÷365日×1カ月(30か31)=一ヶ月分の金利

よくわからないですね。それでは具体的な数字を当てはめてみましょう。

10万円×18%÷365×31=1,528円

いかがでしょうか。10万円を一ヶ月借りたら大体どのくらいの利息がかかるのかイメージできるようになりましたね。

今日はここまで。

新潟の日も短くなったな~

キャッシュが必要

こんにちは、新潟市の古町近くに住む40代の男です。

金はないし、女もいません。かれこれ16年も彼女がいないですし、まともに2人で合うことすらもう10年はないでしょうね。

最終手段としてキャバクラにも行ってた時期がありましたが、キャバ嬢にすら相手にされなくなる始末です。金払ってるのに相手にされないってどういうことなんでしょうか。

まあ、そんな話はおいておいて最近本当に金欠なんですよ。金がなさすぎてなにもできません。だからブログをはじめました。お金をかけずに時間をつぶせるかななんて思ってね。

そんなことでキャッシングをしてみようと思ってます。もう生活ができなくなってきてるので。

あ、皆さんキャッシングって知ってます?意外と知らない人も多いかもしれないですね。女性や若い子とかとくに。

例えば、クレジットカードって、買物に使える「ショッピング利用枠」と、ATMとかから現金を借りれる「キャッシング枠」の二つの枠があります。

このクレジットカードに付いてる現金を借りれる機能のことをキャッシングって言うんです。

キャッシング枠はクレジットカードを作るときに上限額を希望すれば、審査によって利用枠が決められます。クレジットカードを作った後でも審査は受けられます。

キャッシングというのは急に現金が必要になったときに便利で、返済は1回払いやリボ払い(残高スライド元利定額方式)などから選べます。

ショッピング枠の1回払いと2回払いは手数料がかからないですけど、キャッシングは必ず金利手数料がかかります。金利手数料は年率15~18%といったところです。ちょっと高いなと感じた人が多いと思います。

そうキャッシングの金利って基本的に高いです。だから返せなくなる人が結構います。